前田利長

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)>前田利長:菩提寺(瑞龍寺)
【 菩提者 】 前田利長は永禄5年(1562)、前田利家の嫡男として生まれ幼少の頃から織田信長に仕えました。天正9年(1581)、利家が越前国府中から能登国七尾に移封になると利長が旧領を引き継ぎ府中領主となっています。天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦い後は羽柴秀吉に従い、天正13年(1585)には越中侵攻に従軍しその功により越中国3郡(射水郡・砺波郡・婦負郡)が与えられ32万が与えられています。慶長3年(1598)、利家の隠居に伴い加賀国2郡(石川郡・河北郡)26万7千石を相続しています。

慶長4年(1599)、利家が死去すると利家が担っていた五大老と豊臣秀頼の傅役に就任、立場上豊臣家を守る第一任者で、利家の遺言でも「3年は金沢に戻らず秀頼公を御守せよ」と託されていましたが、急遽金沢に帰国、これを不信に思った徳川家康は利長に謀反の疑い有として加賀征伐を画策します。利長はこの危機を逃れる為、生母である芳春院と異母弟である前田利孝を人質として江戸に向わせ、徳川秀忠の次女珠姫を前田利常(前田利家の4男、加賀藩2代藩主)の正室に迎える事を条件に徳川家に臣従します。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでが東軍に与し、西軍に与した丹羽長重が守る小松城(小松市)まで進軍しますが落城出来ず、押さえを残して同じく西軍の山口玄蕃宗永が守る大聖寺城(加賀市)を犠牲を払いながらも落城させました。利長は大聖寺城を拠点にして越前国の西軍に与した青木一矩や青山宗勝、織田秀雄などを降伏させ、金沢帰国途中、小松城の丹羽長重軍から急襲され大きな被害受け何とか金沢城(金沢市)まで辿り着きました。

戦後、前田利長の弟である前田利政は東西中立を保った為改易となりその遺領22万5千石と小松領12万石、大聖寺領6万3千石が与えられ122万5千石の大大名となり外様大名筆頭の石高となり加賀藩を立藩しています。利長は幕府の関係性などを考慮し慶長10年(1605)、44歳という若さで隠居し養子である前田利常に家督を譲り、隠居所として富山城(富山市)に入り22万石を領します。慶長14年(1609)、富山大火災により富山城が焼失し一時魚津城(魚津市)に移りますが高岡城(高岡市)が完成すると高岡に移ります。慶長19年(1614)、死去、享年53歳、戒名「瑞龍院殿聖山英賢大居士」。瑞龍寺(高岡市)は前田利長の菩提寺で、元々は利家時代から前田家の菩提寺だった宝円寺が元になっています。

前田利長が富山に隠居した際に富山城下には金沢の宝円寺3世広山恕陽を招き法円寺を創建し、高岡に移ると法円寺も随行しています。利長が死去すると法円寺で葬儀が行われ、2代利常が利長の戒名に因み瑞龍寺に寺号を改称しています。現在の伽藍は利常によって造営されたもので、利長の五十回忌にあたる寛文3(1663)に概ね完成しています。仏殿、法堂、山門が国宝に指定されている他、多くの堂宇が国指定重要文化財で、前田家縁の品々も数多く所有しています。

【 寺  号 】 瑞龍寺
【 所在地 】 富山県富山市長岡
【 創建年 】 慶長19年(1614)
【 開  山 】 広山恕陽
【 開  基 】 前田利常
【 山  号 】 高岡山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦如来
【 備  考 】 別地に前田利長の墓所−国指定史跡−指定日:平成21年
富山県大名菩提寺
前田利次前田正甫富山藩前田家前田利長藤原秀郷土肥家前田利秀前田秀継平為盛塚
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。