高岡市: 射水神社

  富山県:歴史・観光・見所高岡市:観光・観光・見所>射水神社

概要・歴史・観光・見所
射水神社(高岡市)概要: 射水神社の創建は不詳ですが奈良時代以前に二上神が勧請されたのが始まりと伝えられています。当時は背後にある二上山自体を神格化してその麓に鎮座していましたが養老元年(717)に勅令を受けた行基菩薩(奈良時代の高僧)が養老寺を開山し射水神社の別当にしたことで神仏混合の神社となりました。当初から中央にも知られた存在で宝亀11年(780)に編纂された続日本紀では従五位下、延暦14年(795)に編纂された日本後紀では従五位上、承和7年(840)に編纂された続日本後紀では従四位上、斉衡元年(859)に編纂された日本文徳天皇実録では従三位、貞観元年(859)に編纂された日本三代実録では正三位にそれぞれ列し、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳には式内社(写本:出雲本のみ名神大社)として記載されています。いずれも当時の越中国では高瀬神社と同階で最高位にあたる為、越中国一之宮(現在富山県内では越中一宮を称する神社が射水神社の他、気多神社、高瀬神社、雄山神社があります)。とされ、越中国守となった大伴家持も度々和歌に詠まれています。

承平年間(931〜938年)の兵火により社殿、社宝、記録などが焼失して衰退、天暦年間(947〜957年)に空也が再興、天正年間(1573〜1592年)再び兵火により焼失します。前田利長が領主となると崇敬社となり二上山一帯が境内として安堵され社殿の再建が行われ、歴代前田家から庇護されました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、は明治4年(1871)に国幣中社に列し、明治8年(1875)には高岡城本丸跡に遷座しました(旧社地には近隣の氏子達に考慮し明治10年:1877年に二上射水神社として残されています)。現在の射水神社の社殿は明治33年(1900)の高岡大火に類焼し焼失後、明治35年(1902)に再建されたもので、拝殿は木造平屋建て、切妻、平入、銅板葺き、桁行3間、梁間2間。本殿は神明造銅板葺き。祭神:瓊瓊杵尊(二上神)。

射水神社:写真

射水神社境内正面に設けられた銅鳥居
[ 付近地図: 富山県高岡市 ]・[ 高岡市:歴史・観光・見所 ]
射水神社参道に設けられた石燈篭 射水神社拝殿正面と燈篭 射水神社拝殿左斜め前方と石燈篭 射水神社境内に設けられた石燈篭


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。