平為盛塚(倶利伽羅峠)

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)>平為盛塚(富山県・小矢部市)
【 菩提者 】 平為盛塚倶利伽羅峠に位置しています。案内板によると「 為盛は、池の大納言平頼盛の子として生まれ、寿永2年(1183)砺波山の源平合戦に平家の総帥平維盛の武将として出陣、5月11日源氏の夜襲に敗れ、加賀国に逃れ翌12日未明手兵50騎をひきいて源氏に逆襲したが義仲の武将樋口兼光に首をはねられた。この塚は、勇敢な部将為盛を弔うたもので墓は地、水、火、風、空、を表す五輪の塔で高さ1.6m鎌倉時代の建設である。市は昭和44年9月20日この史跡を文化財に指定した。 小矢部市教育委員会 」とあります。

【 所在地 】 富山県小矢部市
【 創建年 】
【 開  山 】
【 開  基 】
【 山  号 】
【 宗  派 】
【 本  尊 】
【 備  考 】 平為盛塚−小矢部市指定史跡−指定日:昭和44年
富山県大名菩提寺
前田利次前田正甫富山藩前田家前田利長藤原秀郷土肥家前田利秀前田秀継平為盛塚
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。