氷見市: 榊葉乎布神社(阿尾城跡)

  富山県:歴史・観光・見所氷見市:観光・観光・見所>榊葉乎布神社(阿尾城跡)

概要・歴史・観光・見所
榊葉乎布神社(阿尾城跡)概要: 榊葉乎布神社の創建年は不詳ですが奈良時代の天平18年(746)に越中守として赴任した大伴家持によって勧請したのが始まりと伝えられています。戦国時代の16世紀末頃、肥後(現在の熊本県)から阿尾菊池家初代武勝(右衛門入道)が当地に下向する際、伊勢神宮(三重県伊勢市)に参拝して境内に生えていた榊樹を持ち帰り阿尾城に植樹したところから榊葉神明宮を呼ばれるようになったとされ、以降、阿尾城の守護神として庇護されました。菊池家が滅ぶと前田利長(前田家2代目当主・加賀藩初代藩主)が崇敬したようで、慶長4年(1599)に父親である前田利家が死去し、利家を祭る卯辰八幡宮を創建した際に榊葉神明宮と物部神社(高岡市)の分霊を勧請しています。明治12年(1879)に榊葉乎布神社に社号を改称し村社に列しています。

現在は阿尾城内に鎮座し、社殿は平成7年(1995)に火災により焼失後、平成9年(1997)に再建されています。榊葉神明宮拝殿は木造平屋建て、入母屋、正面千鳥破風、銅板葺き、平入、桁行3間、正面1間軒唐破風向拝付き。本殿は一間社流造(二重)、銅板葺き。祭神:天照大神、建御名方神、住吉三神、菊理比盗_。

榊葉乎布神社:写真

榊葉乎布神社
[ 付近地図: 富山県氷見市 ]・[ 氷見市:歴史・観光・見所 ]
榊葉乎布神社 榊葉乎布神社 榊葉乎布神社 榊葉乎布神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。