高岡市: 筏井家住宅

  富山県:歴史・観光・見所高岡市:観光・観光・見所>筏井家住宅

概要・歴史・観光・見所
筏井家住宅(高岡市)概要: 筏井家住宅は明治33年(1900)の火災で焼失後の明治36年(1903)に建てられた建物で、土蔵造り2階、切妻、平入り、桟瓦葺き、桁行11.7m、梁間13.5mの町屋建築です。火災後に建てられた事もあり建物の両脇には釉薬をかけた煉瓦造の袖壁(防火壁)を設け、2階の開口部は土戸の観音扉にするなど防火に対しての工夫が見られます。又、外壁は黒漆喰で仕上げられ、1階下屋には本瓦葺きを採用するなど建物に重厚な印象を与え格式の高い建物になっています。内部は通り3列3段の土間形式で正面にはミセノマ、ミセザシキ、中間にはチャノマ、ザシキ、ブツマ、奥にはヒカエノマ、チャシツ、トコノマで構成され2階にはザシキとモノオキとなっています。筏井家住宅主屋は当時の高岡町屋の典型として貴重な存在で平成10年(1998)に富山県指定文化財に指定されています。筏井家住宅が屋敷を構えている山町筋は現在でも良好な町並みが残されている事から国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、当住宅もその構成要素の一つに選択されています。

筏井家住宅:写真

筏井家住宅
[ 付近地図: 富山県高岡市 ]・[ 高岡市:歴史・観光・見所 ]
筏井家住宅 筏井家住宅 筏井家住宅 筏井家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。