富山銀行(旧高岡共立銀行本店)

  富山県:歴史・観光・見所高岡市:観光・観光・見所>富山銀行(旧高岡共立銀行本店)

概要・歴史・観光・見所
富山銀行(旧高岡共立銀行本店)概要: この建物は大正4年(1914)、旧高岡共立銀行本店として建てられた鉄骨煉瓦造2階建ての洋風銀行建築です。設計監修は辰野金吾が行ったと言われる本格的煉瓦造で富山県内の銀行建築では最大級とされます(実際の設計は田口淳吉。施工は清水組)。外壁は柱形と建物4隅を張り出し、縦長の開口部を上下で合わせる事で垂直性を強調させ、尖塔屋根や1階開口部上部の三角破風、ギリシャ神殿風の柱、基礎の石積、緑青屋根などで格調を高い印象を与えています。旧高岡共立銀行本店は大正時代に建てられた金融建築の遺構として貴重な事から平成21年(2009)に富山県教育委員会による「とやまの近代歴史遺産」に選定されています。山町筋が平成12年(2000)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されると構成要素の1つに選定されています。

旧高岡共立銀行本店:写真

富山銀行
[ 付近地図: 富山県高岡市 ]・[ 高岡市:歴史・観光・見所 ]
富山銀行 富山銀行 富山銀行 富山銀行


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。