高岡市: 大手町神明社

  富山県:歴史・観光・見所高岡市:観光・観光・見所>大手町神明社

概要・歴史・観光・見所
大手町神明社(高岡市)概要: 大手町神明社拝殿は江戸時代初期の慶安5年(1652)に加賀藩初代藩主前田利長の御廟の鎮守堂として2代藩主利常(前田家3代)の命で建てられたものです。棟梁は瑞龍寺を手掛けた山崎市郎左衛門で時代的にも瑞龍寺と同時期に並行して工事が進められたと考えられています。建物は木造平屋建、入母屋、平入り、桟瓦葺き、桁行3間、梁間1間、外壁は真壁造り素木板張り、正面には日光東照宮(栃木県日光市:徳川家康の霊廟)式と言われる向唐破風(銅板葺)が付いています。本殿は一間社神明造、銅板葺き。明治時代初頭に発令された神仏分離令により御廟から神式が廃され拝殿が大手町神明社に移築され、本殿が五福町神明社に移築されました。大手町神明社は昭和59年(1984)に高岡市指定文化財に指定され、平成26年(2014)に高岡市歴史的風致形成建造物に選定されています。

大手町神明社:写真

大手町神明社
[ 付近地図: 富山県高岡市 ]・[ 高岡市:歴史・観光・見所 ]
大手町神明社 大手町神明社 大手町神明社 大手町神明社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。