富山県の建築物(県指定有形文化財)

富山県:歴史・観光・見所(ホーム)>建築物(県指定有形文化財)

建築物(県指定有形文化財):一覧表

建築物(県指定有形文化財):一覧
名 称
種 別
建築年
構 造
所在地
備考
筏井家住宅・主屋・明治36年・土蔵造二階、切妻、桟瓦葺、桁行11.7m、梁間13.5m・高岡市・県指
沢崎家住宅・主屋・安政年間・木造平屋建、入母屋、茅葺、直屋・魚津市・県指
道神社・拝殿・享和元年・宝形造、こけら葺、方三間、棟梁:藤岡弥右衛門富綱・氷見市・県指
萬福寺・山門・貞享5年・切妻、本瓦葺、二間一戸、薬医門形式、潜戸付・砺波市・県指
入道家住宅・主屋・嘉永6年・切妻、桟瓦葺、妻入、桁行十一間、梁間十間半、棟梁:甚助・砺波市・県指
浅地神明社・本殿・江戸初期・一間社神明造、こけら葺、正面1間向拝付・小矢部市・県指
瑞泉寺・山門・文化6年・入母屋、瓦葺、三間一戸、八脚二重楼門、総欅造・南砺市・県指
安居寺・観音堂・明和3年・入母屋、桟瓦葺、妻入、桁行七間、梁間七間、一間向拝・南砺市・県指
上中田念仏道場・道場・文化4年・正入母屋、背切妻、茅葺、妻入、一間向拝、真壁造・南砺市・県指
寿川念仏道場・道場・江戸中期五箇山の念仏道場:入母屋、茅葺、桁行六間半、梁間三間・南砺市・県指
善徳寺・仏閣・江戸時代・本堂(入母屋、桟瓦葺)、山門、鐘楼、太鼓楼・南砺市・県指
・羽馬家住宅・主屋・江戸時代・切妻、妻入、茅葺、桁行十三間半、梁間五間半・南砺市・県指
スポンサーサイト
[ 富山県の重伝建地区(五箇山菅沼・相倉合掌集落・高岡市山町筋・金屋町) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 富山県の伝統的・町並み(岩瀬・八尾・山町筋・金屋町) ]・[ 富山県の伝統的・町並み(伏木・吉久・五箇山相倉集落・五箇山菅沼集落) ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 富山県の本殿 ]・[ 富山県の拝殿 ]・[ 富山県の本堂 ]・[ 富山県の御堂 ]・[ 建築物(国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定有形文化財) ]・[ 弘法大師空海 ]・[ 役行者 ]・[ 泰澄大師 ]
※ 当ページは「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。