富山市: 於保多神社

  富山県:歴史・観光・見所富山市:観光・観光・見所>於保多神社

概要・歴史・観光・見所
於保多神社(富山市)概要: 於保多神社は富山県富山市於保多町に鎮座してる神社です。於保多神社の創建は鎌倉時代の弘長3年(1263)、浄禅寺の境内に恵(現在の神官家の祖)が菅原道真の分霊を勧請し尊像を祀ったの始まりと伝えられています(浄禅寺の開山は永仁2年:1294年としている為、やや矛盾があります)。江戸時代初期の寛文5年(1665)に境内社として新たに北野天満宮(京都府京都市上京区馬喰町)の分霊を勧請し天満宮を建立、前田家の祖が菅原道真とされる事から歴代富山藩(藩庁:富山城)の藩主前田家の崇敬庇護の対象となり祈願所となりました。江戸時代中期の宝永5年(1708)に現在地に遷座し、明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て、明治6年(1873)に柳町天満宮に於保多神社が勧請合祀され、郷社に列し、明治9年(1876)に県社に昇格、明治11年(1878)に社号を於保多神社に改めています。

一方、文化年間(1804〜1817年)に9代藩主前田利幹が藩祖である前田利次の御霊を祭る国玉社を創建し、明治6年(1873)に於保多神社に合祀されています。社宝には菅原道真公筆三社託宣書、菅公渡唐絵像、桃花老人筆讃(一条兼良筆)等があります。現在は富山藩初代藩主前田利次・二代藩主前田正甫・十代藩主前田利保の分霊が合祀されています。於保多神社拝殿は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、正面1間切妻向拝付き(銅板葺き)、外壁は真壁造板張り。本殿は一間社流造、銅板葺き。祭神:菅原道真公、前田利次、前田正甫、前田利保。

於保多神社:写真

於保多神社境内正面に設けられた石鳥居と石造社号標
[ 付近地図: 富山県富山市 ]・[ 富山市:歴史・観光・見所 ]
於保多神社参道から見た拝殿正面と石燈篭 於保多神社拝殿右斜め前方 於保多神社本殿と石燈篭 於保多神社境内に安置されている銅製撫で牛


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。