富山県の建築物(国指定重要文化財)

富山県:歴史・観光・見所(ホーム)>建築物(国指定重要文化財)

建築物(国指定重要文化財):一覧表

建築物(国指定重要文化財):一覧
名 称
種別
建築年
構 造
所在地
備考
羽馬家住宅・主屋・寛文年間・木造三階建、切妻、茅葺、妻入、合掌造、桁行8.19m五箇山・国指
岩瀬家住宅・主屋・江戸後期・木造四階建、切妻、茅葺、平入、合掌造、桁行26.4m・南砺市・国指
氣多神社・本殿・永禄年間・三間社流造、こけら板葺、正面三間向拝付、真壁造板張・高岡市・国指
旧森家住宅・豪商・明治時代・主屋(木造2階建、切妻、鉄板葺、平入)、北土蔵、南土蔵・富山市・国指
・旧嶋家住宅・主屋・江戸中期・板葺、石置き屋根、切妻、平入、桁行13.7m、梁間10.1m・立山町・国指
旧県立農学校・本館・明治36年・木造二階建、寄棟、桟瓦葺、設計施工:藤井助之丞・南砺市・国指
護国八幡宮・社殿・慶長5年・本殿(三間社流造、こけら葺)、拝殿、幣殿、釣殿・小矢部市・国指
佐伯家住宅・主屋・明和4年・木造平屋建、入母屋、茅葺、平入、桁行十間、梁間七間・高岡市・国指
勝興寺・仏閣・江戸時代・本堂、経堂、御霊屋、鼓堂、宝蔵、総門、唐門、式台門、御内仏
・大広間及び式台、台所、書院及び奥書院
・高岡市・国指
瑞龍寺・仏閣・江戸時代・仏殿(国宝)、法堂(国宝)、山門(国宝)、総門、僧堂(禅堂)
・大茶堂、高廊下、北回廊、南東回廊、南西回廊
・高岡市・国指
菅野家住宅・主屋・明治33年・土蔵造二階、切妻、平入、桟瓦葺、桁行12.7m、梁間13.6m・高岡市・国指
村上家住宅・主屋・江戸中期・木造四階建、切妻、茅葺、合掌造、桁行10.7m、奥行20.4m・南砺市・国指
・白岩堰堤・施設・-・砂防施設:堤高63m(副堤を含めると108m)・立山町・国指
白山宮・本殿・文亀2年・一間社流造、見世棚造、板葺・南砺市・国指
・富岩運河・施設・昭和9年中島閘門:パナマ運河式で2対の扉で約2.5mの水位差を調節・富山市・国指
浮田家住宅・豪農・-・主屋(寄棟、茅葺)、長屋門(寄棟、茅葺)、土蔵(切妻、桟瓦葺)・富山市・国指
武田家住宅・主屋・寛政年間・木造平屋建、寄棟、茅葺、平入、梁間十間、桁行十間・高岡市・国指
雄山神社・本殿・室町中期・前立社壇:五間社流造、檜皮葺、正面一間向拝・立山町・国指
・立山室堂・社殿・江戸時代・北棟(切妻、栃葺、桁行9.1m)、南棟(切妻、栃葺、桁行9.1m)・立山町・国指
スポンサーサイト
[ 富山県の重伝建地区(五箇山菅沼・相倉合掌集落・高岡市山町筋・金屋町) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 富山県の伝統的・町並み(岩瀬・八尾・山町筋・金屋町) ]・[ 富山県の伝統的・町並み(伏木・吉久・五箇山相倉集落・五箇山菅沼集落) ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 富山県の本殿 ]・[ 富山県の拝殿 ]・[ 富山県の本堂 ]・[ 富山県の御堂 ]・[ 建築物(国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定有形文化財) ]
※ 当ページは「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。