南砺市: 旧富山県立農学校本館(厳浄閣)

  富山県:歴史・観光・見所南砺市:観光・観光・見所>旧富山県立農学校本館(厳浄閣)

概要・歴史・観光・見所
旧富山県立農学校本館(厳浄閣)概要: 富山県立南砺福野高等学校の前身である富山県簡易農学校は明治27年(1894)、当時の石川県議会議員で地元の資産家であった島巌が尽力しその遺言により開校しました。現在の建物は明治36年(1903)に建てられた木造2階建て、寄棟、桟瓦葺き、建築面積333.3u、設計施工は砺波市太田出身の藤井助之丞が手懸けています。外壁は下見板張り、ペンキ仕上げ、縦長の上げ下げ窓、玄関扉上部のファンライト、玄関ポーチの柱飾り、玄関上部のベランダ、ベランダの洋風手摺、ベランダに出入り出来る開口部上部にはペディメント風小庇、正面屋根中央部に半円形屋根の特徴ある塔屋、基礎通気口の意匠、など当時の洋風建築の要素を取り入れています。明治42年(1909)には皇太子(後の大正天皇)の御座所としても利用され富山県の農業界にも数多くの人材を輩出し大きな影響力を与えました。旧富山県立農学校は明治時代中期に建てられた学校建築の遺構として貴重な存在で、地方の棟梁が独自に学んだ洋風建築の様子が分かるものとしても価値が高く「流派的又は地方的特色において顕著なもの」との指定基準を満たしている事から平成9年(1997)に国指定重要文化財に指定され平成21年(2009)に富山県教育委員会による「とやまの近代歴史遺産」に選定されています。昭和42年(1967)に曳きやにより現在地に移転し、現在は「厳浄閣」として歴史関係の資料展示や、学習室、課外活動、イベントなどで利用されています。

旧富山県立農学校本館:写真

旧富山県立農学校
[ 付近地図: 富山県南砺市 ]・[ 南砺市:歴史・観光・見所 ]
旧富山県立農学校 旧富山県立農学校 旧富山県立農学校 旧富山県立農学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。