滑川市: 養照寺

  富山県:歴史・観光・見所滑川市:観光・観光・見所>養照寺

概要・歴史・観光・見所
養照寺(滑川市)概要: 養照寺は加賀藩主前田家の脇本陣だった寺院で寛政元年(1789)の火災で本陣だった桐沢家(綿屋)が焼失すると再建される約10年間仮本陣となり、天保13年(1842)から幕末までは小泉家と交互に本陣を務めました。現在でも藩主が休息や宿泊で利用した上段の間などが残されており格式の高さを感じさせます。上段の間は畳敷10帖で随所に銘木が使わ棟梁は滑川出身の名工岩城庄之丈、他の部屋より床が高く、天井は格天井、床の間、書院付、滑川市指定文化財に指定文化財に指定されています。本堂は入母屋、桟瓦葺、平入、正面3間向拝付、山門は切妻、桟瓦葺、薬医門、鐘楼は入母屋、桟瓦葺。岩城庄之は名工として知られ、全国的には築地本願寺本堂(東京都中央区)や靖国神社神門(東京都千代田区)、富山県内では射水神社高岡市)や日枝神社富山市)、滑川市では櫟原神社や養照寺などを手懸けています。宗派:真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。

養照寺:写真

養照寺
[ 付近地図: 富山県滑川市 ]・[ 滑川市:歴史・観光・見所 ]
養照寺 養照寺 養照寺 養照寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。