滑川市: 小沢家住宅

  富山県:歴史・観光・見所滑川市:観光・観光・見所>小沢家住宅

概要・歴史・観光・見所
小沢家住宅(滑川市)概要: 小沢家は明治時代以降、呉服を生業とする商家だった家柄です。現在の建物は明治15年(1882)に呉服商の店舗として建てられたもので、土造2階建て、切妻、桟瓦葺き、平入、桁行き6間、梁間3間、建築面積63u、滑川の町屋建築には土蔵造りの少なく珍しい存在です。外壁は当時では豪華な黒漆喰仕上げ、両脇は下見板を張る事で外壁を保護し2階開口部には土蔵の観音開き扉をもつなど防火の工夫が見られます。1階下屋は大きく前に張り出しむくりを付け棟瓦の両端には鯱が設え格式のある意匠が採用されています。又、棟瓦には雪が積もらないように雪割り瓦(特に富山県の民家で採用される瓦で、鋸のようにギザギザで雪が積もり難い形状になっている)が設えられ雪国ならでは工夫が見られます。小沢家住宅店蔵は明治時代に建てられた町屋建築の遺構として貴重で「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から平成12年(2000)に国登録有形文化財に登録されています。

小沢家住宅:写真

小沢家住宅
[ 付近地図: 富山県滑川市 ]・[ 滑川市:歴史・観光・見所 ]
小沢家住宅 小沢家住宅 小沢家住宅 小沢家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。