砺波市: 合口ダム(庄川合口堰堤)

  富山県:歴史・観光・見所砺波市:観光・観光・見所>合口ダム(庄川合口堰堤)

概要・歴史・観光・見所
合口ダム(庄川合口堰堤)概要: 庄川合口堰堤は昭和5年(1930)に工事が着工し昭和16年(1941)に完成したダムです。動力式可動ぜき型コンクリート造の形式を持ち貯留面積156000u、貯留容量405000m3、当初は土地改良(農業用水の供給)を目的として計画され、庄川合口堰堤の完成により12000haのかんがい面積の用水を確保しています。庄川合口堰堤の下流では水力発電所が設けられ中野発電所(発電開始:昭和14年:1939年・最大出力:6700KW・使用水量:44.52m3/s)、雄神発電所(発電開始:昭和42年:1967年・最大出力:14000KW・使用水量:90.00m3/s)、安川発電所(発電開始:昭和62年:1987年・最大出力:640KW・使用水量:4.00m3/s)、示野発電所(発電開始:平成11年:1999年・最大出力:550KW・使用水量:8.63m3/s)となっています。庄川合口堰堤は「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成16年(2004)に国登録有形文化財に登録、農林水産庁による水土里の文化遺産に選定、平成21年(2009)に富山県教育委員会による「とやまの文化財百選(近代歴史遺産)」に選定、土木学会土木史研究委員会による日本の近代土木遺産2800選に選定されています。

合口ダム:写真

合口ダム
[ 付近地図: 富山県砺波市 ]・[ 砺波市:歴史・観光・見所 ]
合口ダム 合口ダム 合口ダム 合口ダム


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。