氷見市: 柳田布尾山古墳

  富山県:歴史・観光・見所氷見市:観光・観光・見所>柳田布尾山古墳

概要・歴史・観光・見所
柳田布尾山古墳(氷見市)概要: 柳田布尾山古墳は平成10年(1998)に発見された古墳時代前期柳田布尾山古墳(4世紀前半頃)に築造された前方後方墳です。全長107.5m、標高約30mは日本海沿岸の古墳としては最大(富山県内最大、国内でも9番目の規模を誇る。)で前方部の周囲には幅5〜8m、深さ1.2〜2.3mの周濠が廻り、古墳頂上には地表から約2.5mの地点に埋葬施設(保存状態は良好なものの盗掘された形跡があり副葬品などは発見されていません。)がありました。周囲の古墳の規模から見ても圧倒的で当時、この地を中心に巨大な勢力を築いた豪族がいたと推定されています。又、柳田布尾山古墳の向きは二上山山頂の直線上を向いていることから古くから二上山が信仰の対象になっていたと思われます(二上山の山頂には元々、越中国一宮とされる二上射水神社が鎮座していました。現在は南麓と高岡城の城跡に遷座しています)。柳田布尾山古墳は大変貴重な事から平成13年(2001)に国指定史跡に指定されています。現在は柳田布尾山古墳公園として整備され、隣地に建てられた古墳館では様々な資料が展示されています。

柳田布尾山古墳:写真

柳田布尾山古墳
[ 付近地図: 富山県氷見市 ]・[ 氷見市:歴史・観光・見所 ]
柳田布尾山古墳 柳田布尾山古墳 柳田布尾山古墳 柳田布尾山古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。