氷見市: 馬十の句碑(上日寺)

  富山県:歴史・観光・見所氷見市:観光・観光・見所>馬十の句碑(上日寺)

概要・歴史・観光・見所
馬十の句碑(上日寺)概要: 馬十の句碑は上日寺境内の観音堂の脇に建立されています。この句碑は自然石を利用したもので、氷見の俳人である馬十が歌った「名月やいそのくろ鳥猶路し」の句が記されています。馬十(日名田屋伊兵衛)は屋号「日名田屋」を掲げる氷見の豪商で、町の上役などを歴任、金沢の俳人高桑蘭更(通称:釣瓶屋長次郎、蕉風の復興に尽力し、天明の俳諧中興に貢献した人物。)に師事し氷見を代表する俳人として知られています。馬十の句碑は氷見の俳諧史を知る上で貴重なものである事から平成3年(1992)に氷見市指定文化財(民俗資料)に指定されています。

馬十の句碑:写真

馬十の句碑(上日寺)
[ 付近地図: 富山県氷見市 ]・[ 氷見市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。