魚津市: 天神山城

  富山県:歴史・観光・見所魚津市:観光・観光・見所>天神山城

概要・歴史・観光・見所
天神山城(魚津市)概要: 天神山城の山頂部から弥生時代末期の土器が出土したことから、弥生時代の防衛施設として築かれたのが始まりと推定されています。戦国時代の天文23年(1554)に上杉謙信(関東管領、越後国守護、春日山城の城主)により本格的な城郭へと築城され以降、上杉方の越中侵攻の需要拠点として機能したと思われ家臣である長尾小四郎景直(上杉謙信の譜代旗本として軍役81人を負担)が配されたとされます。天正10年(1582)、上杉方の魚津城に織田信長家臣柴田勝家と佐々成政(富山城の城主)が侵攻し、それを救援する為に上杉景勝が天神山城に陣を敷いたとされます。準備が整なわないまま魚津城が落城し、その数日後、本能寺の変により織田勢は撤退、豊臣政権になると秀吉に従った前田家の支配下となり青山佐渡守・豊後守親子が城代に赴任しましたがその後廃城となりました。現在も山頂部には本丸、二の丸だったと思われる平地や土塁、縦堀、空掘などの遺構が残されています。天神山城の跡地は歴史的にも貴重な事から昭和38年(1963)に魚津市指定史跡に指定されています。天神山(標高:163m)は元々松尾山と呼ばれていましたが、明応2年(1493)に10代将軍足利義材が京都での政変を恐れて当地に下向した際、守護神である菅公像を祭った事から、菅原道真の御霊が天神の別称がある事に因み「天神山」と呼ばれるようになったとされます。

天神山城:写真

天神山城
[ 付近地図: 富山県魚津市 ]・[ 魚津市:歴史・観光・見所 ]
天神山城 天神山城 天神山城 天神山城
天神山城 天神山城 天神山城 天神山城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。