魚津市: 白山神社

  富山県:歴史・観光・見所魚津市:観光・観光・見所>白山神社

概要・歴史・観光・見所
白山神社(魚津市)概要: 詳細は分かりませんでしたが千光寺の境内と隣接しているところから、千光寺の鎮守社として勧請されたのかも知れません。創建は不詳ですが千光寺が奈良時代の天平18年(746)に開山したとされる為、同時期かも知れませんが例祭が平安時代から続けられているとの事ですから、その頃かも知れません。明治時代初頭に発令された神仏分離令により千光寺とは形式上は分離し村社に列しています。白山神社の例祭は現在でも千光寺と合同で行われる神仏習合の名残を留めるもので、特に奉納される獅子舞は江戸時代中期の宝永年間(1704〜1710年)に確立した古式の様式を伝える貴重な行事で、名称「小川寺の獅子舞」として平成6年(1994)に富山県指定無形民俗文化財に指定され、平成18年(2006)に「とやまの獅子舞百選」に選定されています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、妻入り、間口3間、奥行き4間、正面1間向拝付き、内部の天井は格天井で人物や植物が描かれ、数多くの絵馬が掲げられています。本殿は一間社切妻造り、銅板葺き。祭神:菊理媛神。

白山神社:写真

白山神社
[ 付近地図: 富山県魚津市 ]・[ 魚津市:歴史・観光・見所 ]
白山神社 白山神社 白山神社 白山神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。