五箇山: 道善寺

  富山県:歴史・観光・見所五箇山:歴史・観光・見所>道善寺

概要・歴史・観光・見所
道善寺(五箇山)概要: 赤尾山道善寺の創建は不詳ですが室町時代の15〜16世紀に赤尾道宗(越中国五箇山赤尾谷の出身、室町時代後期の浄土真宗信徒、道宗二十一箇条の制定、五箇山に多くの真宗道場を開いたとされます。)によって開かれたのが始まりと伝えられています。当初は道場と呼ばれていましたが享保6年(1721)から道善寺と称するようになったそうです。寺宝には蓮如上人木像や道宗木像など蓮如上人や道宗の縁の品々を所有しています。又、境内には道宗の旧跡とも言える丸池の霊水(とやまの名水)や"道宗手造りの庭 "、"道宗火鉢献上の岩"、"赤尾道宗御手洗鉢"があります。本堂は入母屋、銅板葺、平入、桁行4間、正面1間向拝付。宗派:真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。

道善寺:写真

道善寺
[ 付近地図: 富山県南砺市 ]・[ 南砺市:歴史・観光・見所 ]
道善寺 道善寺 道善寺 道善寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。