富山市八尾町・歴史・観光・見所

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)富山市:歴史・観光・見所>富山市:八尾町
富山県の国宝
 ・ 富山市
 ・ 富山市岩瀬
 ・ 富山市八尾
 ・ 小矢部市
 ・ 砺波市
 ・ 南砺市
 ・ 南砺市井波
 ・ 南砺市城端
 ・ 魚津市
 ・ 黒部市
 ・ 黒部市生地
 ・ 立山町
 ・ 朝日町
 ・ 入善町
 ・ 上市町
 ・ 射水市
 ・ 滑川市
 ・ 五箇山
 ・ 氷見市
 ・ 高岡市
 ・ 高岡市伏木
 ・ 高岡市福岡
 ・ 富山県:寺院
 ・ 富山県:神社
 ・ 富山県:城郭
 ・ 富山県:古民家
 ・ 富山県:洋館
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
富山市八尾町・歴史・観光・見所
富山市八尾町概要: 八尾町は天文20年(1551)聞名寺が現在地に移されその門前町として発展した町です。さらに天正4年(1576)、葛城氏が神官となり現在地に八幡社(蓮勝院)を移し2つの門前町とし町が形成されていきました。天正11年(1583)に領主だった斎藤氏と越中に侵攻してきた佐々成政との戦いで大きな被害を受けますが、豊臣秀吉の時代にようやく復興しさらに江戸時代、米屋少兵衛が町立ての許可を得て八尾町の原形を形成していきます。特に蚕糸、和紙、薬草などの集積地として経済的に発展し「富山藩の御納戸」とまで呼ばれる程で文化10年(1813)には八尾の蚕種が全国の四分の一を占めました。又、和紙もその品の良さから八尾和紙として知られ障子紙、高熊紙、松倉紙などを生産し天明8年(1788)には紙問屋が34軒もあったと言われています。現在は多くの産業が衰退しましたが八尾町中心部には古い町並みが残り"八尾町道諏訪町本通り"が日本の道100選に選定されています。
富山市八尾町
町並み
富山市八尾町:町並み
町並み 町並み 町並み 町並み
町並み 町並み 町並み 町並み
八尾町:観光・見所
若宮八幡神社
若宮八幡神社
若宮八幡神社
八尾八幡社
八尾八幡社
八尾八幡社
諏訪社
諏訪社
諏訪社
聞名寺
聞名寺
聞名寺
本法寺
本法寺
本法寺
八尾坂
八尾坂
八尾坂
杉原神社
杉原神社
杉原神社
白鳥神社
白鳥神社
白鳥神社
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。