黒部市:歴史・観光・見所

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)>黒部市
富山県の国宝
 ・ 富山市
 ・ 富山市岩瀬
 ・ 富山市八尾
 ・ 小矢部市
 ・ 砺波市
 ・ 南砺市
 ・ 南砺市井波
 ・ 南砺市城端
 ・ 魚津市
 ・ 黒部市
 ・ 黒部市生地
 ・ 立山町
 ・ 朝日町
 ・ 入善町
 ・ 上市町
 ・ 射水市
 ・ 滑川市
 ・ 五箇山
 ・ 氷見市
 ・ 高岡市
 ・ 高岡市伏木
 ・ 高岡市福岡
 ・ 富山県:寺院
 ・ 富山県:神社
 ・ 富山県:城郭
 ・ 富山県:古民家
 ・ 富山県:洋館
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
黒部市・歴史・観光・見所
黒部市概要: 黒部市は黒部川の伏流水による湧水の豊富な地域で古くから生活に適していた為、市内各所で山田遺跡や朴原遺跡、新坂遺跡などの遺跡が見られます。古墳時代に入ると豪族が支配し、富山県内では珍しい方墳である阿古屋野古墳があるなど独自の文化が見られます。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に名を連ねる八心大市比古神社や大同年間(806〜810年)に開かれた吉祥寺など古社、古刹があり、鎌倉時代に黒部市を訪れた親鸞聖人の遺跡である「三本柿」の伝承も残っています。中世に入ると宮崎氏の血族である入善氏が支配しますが大名化できず黒部市の戦国時代は諸豪族が割拠した状況が続き弘治年間(1555〜1578年)、上杉謙信の越中侵攻により尽く淘汰されました。江戸時代に入ると加賀藩に属し、黒部市内には藩主である前田家が参勤交代で利用する北陸街道(北国街道)が開削され三日市は宿場町として整備されます。当初は海沿いのルート(上街道)が使われていましたが万治3年(1662)には浦山と舟見が新たに宿場となり山側ルート(下街道)が開削され打掛橋や松並木が植えられました。又、三日市は周辺地域の物資の集積地として経済的な中心地となり三・八の日を市日とする定期市が行なわれるなど多くの人達に利用されました。現在は道路の拡幅と建物の近代化により余り古い町並みは見られませが所々には古民家が点在しています。
黒部市
黒部市:町並み
黒部市:町並み
黒部市:町並み 黒部市:町並み 黒部市:町並み 黒部市:町並み
黒部市:観光・見所
八心大市
八心大市比古神社
八心大市比古
地神塚
地神塚・三島大のケヤキ・三島の化藤
地神塚
辻徳法寺
辻徳法寺
辻徳法寺
西徳寺
西徳寺
西徳寺
三本柿
三本柿
三本柿
景勝桜
景勝桜
景勝桜
本陣
本陣
本陣
黒部市生地
黒部市生地
黒部市生地
阿古屋野
阿古屋野古墳
阿古屋野古墳
吉祥寺
吉祥寺
吉祥寺
山本家住宅
山本家住宅
山本家住宅
長安寺
長安寺
長安寺
天真寺
天真寺
天真寺
法福寺
法福寺
法福寺
舟見街道松
舟見街道松
舟見街道松
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。