富山城(安住城・浮城)

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)富山市:歴史・観光・見所>富山城(安住城・浮城)
富山市の文化財
 ・ 富山城
 ・ いたち川
 ・ 水親公園
 ・ 長岡御廟
 ・ 番神山横穴墓群
 ・ 佐々成政剃髪跡
 ・ 五百羅漢
 ・ 王塚古墳
 ・ 勅使塚古墳
 ・ 安田城
 ・ 朝日の滝
 ・ 白鳥城
 ・ 神通峡
 ・ 富山市岩瀬
 ・ 富山市八尾
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
富山城(安住城・浮城)概要: 築城年は不詳ですが室町時代前期にはすでに存在していたとされ、富山城天文12年(1543)、神保長識の家臣水越勝重が本格的に整備拡張したと伝えられています。富山城は越中の中央部に位置し、神通川の舟運や北陸道、飛騨街道などが交わる交通の要衝として軍事的にも重要視され、戦国時代には神保氏と上杉謙信による攻防戦が何度と無く繰り広げられています。天正4年(1576)上杉謙信が富山城を占拠し小笠原長隆や上杉信定を城将としますが天正6年(1578)に謙信が死去したことで上杉領が内乱状態となり、間隙をぬって織田信長が越中に侵攻、天正10年(1582)、信長の重臣、佐々成政が小丸城(福井県越前市)主から越中の領主となり富山城を居城としました。成政は富山城に神通川を引き込むなど大規模な改修を行い「浮城」と称されるほど巧みに堀を配した城を築きますが本能寺の変後に台頭とた豊臣秀吉と対立し天正13年(1585)の富山の役で秀吉軍10万の兵に囲まれ降伏しました。その後、富山城は破却されましたが前田利長が領主となると整備が進み加賀藩主を隠居すると再度隠居城として金沢城(石川県金沢市)から一時移り住みました。富山城慶長14年(1609)の火災後、利長は高岡城に移り、富山城には家臣の津田義忠が城代となりました。寛永16年(1639)富山藩が10万石で立藩し富山前田家の居城となりますが財政難などで加賀藩時代のものをそのまま利用し、万治4年(1661)から本格的な修復工事が行われました。幕府への届けには5層の天守閣に3基の櫓、3箇所の櫓門が計画されたようですが実際には2ノ丸の櫓門以外は史料が無く建てられなかったとも言われています。富山城は明治4年(1871)に廃城となり多くの建物が払い下げ又は破棄されています。

富山城の縄張り: 富山城は梯郭式平城で東西約680m、南北約610m、本丸を中心に正面南側に二ノ丸、東側に東ノ丸(出丸)と千歳丸、西側に西ノ丸が配され、それぞれの郭は土塁(主要部は石垣)と水堀で囲い独立性が保たれていました。さらに、それらの郭を囲うように三ノ丸(武家屋敷)と外堀が配され、北側には天然と外堀に見立てた神通川が流れていました。本丸と二ノ丸、東ノ丸との間と二ノ丸と三ノ丸の間、三ノ丸の大手門、東門、西門は枡形門とし、その内二ノ丸の枡形門だけが櫓門だったとされます。

富山城の遺構: 現存する遺構は千歳御殿の正門として建てられた千歳御門(嘉永2年:1849年建築、切妻、本瓦葺:赤瓦、総欅造り、薬医門、桁行6m、梁間1.9m)が赤祖父家に払い下げられたものを平成19年(2007)に再度富山城内に移築されています。現在の富山城は本丸、西の丸が城址公園として整備され正面には3層の模擬天守(郷土博物館・国登録有形文化財)が建てられています。

富山城
富山城
富山城 富山城 富山城 富山城 富山城
富山城 富山城 富山城 富山城 富山城
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。