高岡市伏木: 勝興寺

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)高岡市:歴史・観光・見所高岡市:伏木観光>勝興寺
高岡市伏木・見所
 ・ 勝興寺
 ・ 越中国分寺
 ・ 気多神社
 ・ 大伴神社
 ・ 越中国守館
 ・ 旧秋元家住宅
 ・ 谷村家住宅
 ・ 棚田家住宅
 ・ 旧伏木銀行
 ・ 旧伏木測候所
 ・ 気多神社の清水
 ・ 万葉寺井の跡
 ・ 正法寺
 ・ 雨晴海岸
 ・ 国泰寺
 ・ 桜谷古墳1号
 ・ 桜谷古墳2号
 ・ 武田家住宅
 ・ 伏木神社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
勝興寺・歴史・観光・見所
勝興寺(高岡市)概要: 勝興寺の創建は文明3年(1471)本願寺8世蓮如上人が現在の福光町土山に草庵を建立したのが始まりと伝えられています。当初は土山坊と称し、住職には歴代蓮如の血族が世襲し明応3年(1494)には蓮如の四男蓮誓が高木場に移しています。永正14年(1517)順徳上皇の勅願所だった勝興寺の寺号を譲られることになり本願寺も認められました。永正16年(1519)に火災により焼失したことで砺波郡安養寺村末友に移り寺号を安養寺御坊勝興寺に改めています。勝興寺は越中国の浄土真宗の中核寺院として寺運も隆盛し寺領は10万石に及び周辺の一向宗門徒の拠り所として大きな影響力を持ちました。天正9年(1581)に織田信長と石山寺本願寺との合戦に参戦、その間隙をついて木船城主石黒左近が領内に侵入し焼き討ちにあい堂宇は尽く焼失しました。天正12年(1584)、守山城主神保氏張から現在地である古国府城が寄進され堂宇を再建、その後領主となった前田利長からも庇護され寺領が安堵されています。江戸時代に入ると加賀藩から庇護され寺領75石が寄進され堂宇の改修や造営にも藩費が使われました。その後も藩主前田家との関係が深く慶安2年(1649)に利常の養女つるが入輿し、延享3年(1746)は6代吉徳の八男時次郎が勝興寺を継いでいます(明和6年に時次郎が藩主となる。)。現在も広大な境内には本堂や唐門、鼓堂など国指定重要文化財に指定されている建物が12棟あり寺宝も紙本金地著色洛中洛外図など数多く所持しています。
勝興寺
勝興寺
[ 付近地図: 富山県高岡市伏木 ]・[ 高岡市伏木:歴史・観光・見所 ]
勝興寺 勝興寺 勝興寺 勝興寺
勝興寺 勝興寺 勝興寺 勝興寺
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。