射水市: 串田新遺跡

  富山県:歴史・観光・見所射水市:観光・観光・見所>串田新遺跡

概要・歴史・観光・見所
串田新遺跡(射水市)概要: 串田新遺跡は標高約45m程の「大沢山」と呼ばれる丘陵に位置する遺跡で、大きく南西部の縄文時代遺跡と東部の古墳時代の遺跡が組み合わせっています。昭和24年(1949)、昭和46年(1971)、昭和47年(1972)に発掘調査が行われ、南西部からは「串田新式」と呼ばれる土器や石器が数多く発見され、北陸地方の縄文時代中後期の指標となっています。案内板によると「 現在、この公園には3基の円墳が存在している。1号墳、2号墳は出土遺物から古墳時代初期のものとされている。3号墳は未調査であるが、古墳の形状・規模から同じ頃のものであると推定されている。この公園には、ほかに2基の古墳があったが、整備前に消滅している。古墳のほか、発掘調査で方形周溝墓の1部と思われる溝状遺構が数箇所で確認できた。以上のことからこの公園には、方形周溝墓と5基以上の円墳が群存していたと思われる。時期的には弥生時代終末期から古墳時代初期であると考えられる。 」とあります。串田新遺跡は大変貴重な史跡である事から昭和51年(1976)に国指定史跡に指定されています。

串田新遺跡:写真

串田新遺跡
[ 付近地図: 富山県射水市 ]・[ 射水市:歴史・観光・見所 ]
串田新遺跡 串田新遺跡 串田新遺跡 串田新遺跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。