倶利伽羅峠: 平家本陣

  富山県:歴史・観光・見所倶利伽羅峠:観光・観光・見所>平家本陣

概要・歴史・観光・見所
平家本陣(倶利伽羅峠)概要: 猿ケ馬場倶利伽羅峠の戦いで平家の本陣だった場所です。平家軍の総大将平維盛(平清盛の嫡孫。平重盛の嫡男。一ノ谷の戦いの後戦線離脱し那智の沖で入水自殺。)を中心に薩摩守忠度(平忠盛の六男。平清盛の異母弟。一ノ谷の戦いで討死)、上総判官忠綱(藤原忠清の嫡男。倶利伽羅峠の戦いで討死)、高橋判官長綱(篠原で戦いで源氏方の入善小太郎行重に情けを掛け討死)、佐馬頭行盛(平基盛の長男。壇ノ浦の戦いで討死、又は敗北後入水自殺)、越中権頭範高(倶利伽羅峠の戦い後に源氏軍の追討を受け退却争で討死)、河内判官季国(平家物語で記載)が木曽義仲討伐の為軍議を開き策を巡らせたとも言われています。

平家本陣:写真

平家本陣
[ 付近地図: 富山県小矢部市 ]・[ 小矢部市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。