南砺市: 光龍館

  富山県:歴史・観光・見所南砺市:観光・観光・見所>光龍館

概要・歴史・観光・見所
光龍館(南砺市)概要: 光龍館は明治18年(1885)に当時の医師大井精によって高宮病院として建てられたものです(擬洋風建築としては富山県では最古級)。建物は木造2階建て(一部平屋建て)、寄棟(玄関の突出部は入母屋、平屋部は切妻)、桟瓦葺、平入、外壁は下見板張り、玄関突出部は白漆喰で仕上げられています。特に玄関周りに凝った意匠が集中し曲線や飾り金物、上部はバルコニー洋風の手摺を回し、開口部上部はアーチ状、懸魚や破風の鏝絵などが正面性を演出し印象深い建物になっています。又、屋根には鯱を設け、特に雪が多い富山県の民家が採用する雪割り瓦(棟瓦を鋸状にして雪の堆積を防ぐ)が見られます。現在は南砺市福光福祉の家光龍館として再利用されています。光龍館は明治時代初期に建てられた擬洋風病院建築の遺構で貴重な存在で「旧高宮医院(光龍館)」として昭和54年(1979)に南砺市指定有形文化財に指定され、平成21年(2009)に富山県教育委員会による「とやまの近代歴史遺産」に選定されています。富山の建築百選。

光龍館:写真

光龍館
[ 付近地図: 富山県南砺市 ]・[ 南砺市:歴史・観光・見所 ]
光龍館 光龍館 光龍館 光龍館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。