小矢部市: 乗永寺

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)小矢部市観光>乗永寺

乗永寺
乗永寺
[ 付近地図: 富山県小矢部市 ]・[ 小矢部市フィールドワーク ]
乗永寺 乗永寺 乗永寺 乗永寺
概要・歴史・観光・見所
乗永寺(小矢部市)概要: 乗永寺は鎌倉時代末期の正応3年(1290)に乗専坊によって創建された寺院で、「島の寺」の別称があります。室町時代には一向一揆や石山合戦に加担し、木舟城(富山県高岡市福岡町木舟)の城主石黒左近から攻撃を受け、その兵火により堂宇が焼失し境内も荒廃しましたが、その後再興され宝暦8年(1758)に現在地に堂宇が再建されました。乗永寺の鐘楼堂は天正10年(1582)に城端別院善徳寺(南砺市城端町)の境内に建てられ宝暦9年(1759)に乗永寺境内に移築されたと推定される建物で、入母屋、桟瓦葺き、外壁は柱のみの吹き放し、蟇股には一向一揆の際に使われた鶴丸紋が見られます。乗永寺鐘楼堂は小矢部市内では最古級の建物として貴重な存在で昭和63年(1988)に小矢部市指定有形文化財(建造物)に指定されています。又、昭和49年(1974)に境内に寄進された14世紀頃(鎌倉〜南北朝時代)の製作と推定されている五輪塔2基が市内でも古い年代の五輪塔として貴重な事から平成3年(1991)に小矢部市指定有形文化財(考古資料)に指定されています(金屋本江地内で土砂採取中に発見され、その後、乗永寺に寄進され供養された)。山門は切妻、桟瓦葺、一間一戸、薬医門。本堂は入母屋、桟瓦葺、平入、桁行10間、正面1間向拝付。宗派:真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来、聖徳太子、十二光阿弥陀如来。
富山県(ホーム)戻る

 小矢部市観光・旅行見所ナビ:
埴生護国八幡宮浅地神明社若宮古墳日吉社長岡神社福町神明宮戸久神社本行寺勝満寺乗永寺医王院今石動城
前田秀継の墓鳩清水砺波の関旧宮島村役場宮島峡倶利伽羅峠
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。