小矢部市: 勝満寺

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)小矢部市観光>勝満寺

勝満寺
勝満寺
[ 付近地図: 富山県小矢部市 ]・[ 小矢部市フィールドワーク ]
勝満寺 勝満寺 勝満寺 勝満寺
勝満寺 勝満寺 勝満寺 勝満寺
概要・歴史・観光・見所
勝満寺(小矢部市)概要: 勝満寺の創建は平安時代初期の大同3年(808)、海満和尚が開いたのが始まりと伝えられています。当初は安居寺の一坊で松岡村にありましたが鎌倉時代の承元元年(1207)、親鸞上人を帰依した当時の住職である他力坊誓祐和尚が真宗の改宗しています。その後、現在地である水島に移ると一向一揆の拠点の1つになり永禄9年(1566)には一向一揆と対立した木舟城主石黒成綱により侵攻され門徒である小倉六右衛門が奮戦するものの多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失しています。天正5年(1577)に再興、その後随時堂宇や境内が再建されています。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺、平入、桁行8間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。末寺の観帰寺(砺波市庄川町青島)の本尊木造阿弥陀如来立像は天正16年(1588)、創建の際に、本寺である勝満寺から譲りうけたと伝えられるもので砺波市指定文化財に指定されています。山号:和沢山。宗派:真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。
富山県(ホーム)戻る

 小矢部市観光・旅行見所ナビ:
埴生護国八幡宮浅地神明社若宮古墳日吉社長岡神社福町神明宮戸久神社本行寺勝満寺乗永寺医王院今石動城
前田秀継の墓鳩清水砺波の関旧宮島村役場宮島峡倶利伽羅峠
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。