小矢部市: 戸久神社

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)小矢部市観光>戸久神社

戸久神社
戸久神社
[ 付近地図: 富山県小矢部市 ]・[ 小矢部市フィールドワーク ]
戸久神社 戸久神社 戸久神社 戸久神社
戸久神社・歴史・観光・見所
戸久神社(小矢部市)概要: 戸久神社は明治42年(1909)に稲荷社、神明社、金刀比羅社を合祀した神社です。戸久神社は延宝元年(1673)に戸久村を開拓した際に勧請した神社で天照皇大神が祀られています。稲荷社は天明元年(1781)に戸久烏谷、寛政8年(1796)に浄土寺の開拓が完成した際に伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)の分霊(倉稲魂神)を勧請したのが始まりとされます。神明社は享和元年(1801)に浅地馬場の新田開発が完成した際に伊勢皇大神宮(伊勢神宮内宮:三重県伊勢市)の分霊(天照皇大神)が勧請されたのが始まりとされます。金刀比羅社は杉谷内の住民の沼田家が当地の守護神として大国主命を祭ったのが始まりとされます。大正2年(1913)に現在地である浅地字頭無山林に遷座し、昭和58年(1983)に社殿が再建されています。社殿については案内板によると「昭和53年、道路改良により総工費約1億円を費やして移転新築された社です。出雲大社をモデルにし、実物の2/3の大きさで、神殿、拝殿は総檜造りで造られました。檜は加賀や飛騨の山々から、氏子等が直接買付けたものです。社殿の中央にある柱は直径36cm、樹齢370年を越える立派なものです。環境庁・富山県」とあります。
富山県(ホーム)戻る

 小矢部市観光・旅行見所ナビ:
埴生護国八幡宮浅地神明社若宮古墳日吉社長岡神社福町神明宮戸久神社本行寺勝満寺乗永寺医王院今石動城
前田秀継の墓鳩清水砺波の関旧宮島村役場宮島峡倶利伽羅峠
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。