黒部市: 生地鼻灯台

  富山県:歴史・観光・見所黒部市生地:観光・観光・見所>生地鼻灯台

概要・歴史・観光・見所
生地鼻灯台(黒部市)概要: 生地は海上交通上は要衝だった為、江戸時代末期の嘉永4年(1851)には外国船の襲撃に備え砲台場(生地台場)が設置されました。大正15年(1926)には当地に槍ヶ崎灯柱(高さ20m、鉄造、櫓形式)が設置され、生地漁港を利用者の利便が図られましたが、老朽化や日本海の遠距離からの利便性も考慮され昭和26年(1951)に生地鼻灯台が建設されました。現在の生地鼻灯台はその当時のもので現存する富山県最古の沿岸燈台です。高さ30.04m(平均海面から灯火までは32.47m)の塔形(円形)コンクリート造りで白地に黒横帯2本塗は遠く日本海からも目立つ存在で、高さでは富山県最大で、北陸地方でも舳倉島灯台に続いて第2番目の高さを誇ります。昭和44年(1969)に霧信号所が廃止され、平成4年(1992)に自動化に整備され無人化灯台となっています。灯質は単閃白光、毎10秒に1閃光。光度は実効光度210,000カンデラ。光達距離は16.5海里(約31キロメートル)。位置:北緯36度53分52秒、東経137度24分39秒。

生地鼻灯台:写真

生地鼻灯台
[ 付近地図: 富山県黒部市生地 ]・[ 黒部市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。