高岡城 :歴史・観光・見所

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)高岡市:歴史・観光・見所>高岡城
高岡市・見所
 ・ 瑞龍寺
 ・ 前田利長墓所
 ・ 高岡城
 ・ 関野神社
 ・ 富山銀行
 ・ 蓮華寺
 ・ 式内道神社
 ・ 高岡大仏
 ・ 金屋町
 ・ 南部鋳造所
 ・ 有礒正八幡宮
 ・ 恒性皇子墓
 ・ 速川神社
 ・ 早川神社
 ・ 白山神社
 ・ 大手町神明社
 ・ 吉久町
 ・ 二上射水神社
 ・ 物部神社
 ・ 永安寺
 ・ 荊波神社
 ・ 戸出野神社
 ・ 正楽寺
 ・ 守山城
 ・ 射水神社
 ・ 総持寺
 ・ 高岡市伏木
 ・ 高岡市福岡
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
高岡城(富山県)・歴史・観光・見所
高岡城概要: 築城は慶長14年(1609)、前田利長によって築かれました。高岡城利長は当初富山城を隠居城としていましたが火災により焼失し新たに領地である加賀、能登、越中の中心地である高岡に城を移しました。高岡城を築くにあったては前田家の客将だった高山右近(キリシタン大名として知られバテレン追放令により6万石の知行が取り上げられ、その後前田利家から1万5千石が与えられ加賀に招かれた。)が関わったと伝えられ、現場では神尾之直らがその任にあたっていました。高岡城は東南約502m、南西約362m、西北約457m、面積21万uの平城で本丸、二の丸、三の丸、明丸、鍛冶丸の5つ郭から構成され、それぞれが広く深い堀と高い土塁によって囲まれています。高岡城慶長19年(1614)に利長が死去し、元和元年(1615)に一国一城令が発令されると高岡城は廃城となり主要な建物は破棄されますが、加賀藩における当地方の軍事的、行政的な重要性は変わらず旧城内には米蔵・塩蔵・火薬蔵・番所などが設置され土塁や堀などの城塞的な機能が保持されました。その際、堀や土豪が幕府の役人から見れないように、町屋の配置を換えたり、利長の菩提寺である瑞龍寺や、廟所などを出城に想定するなど計画されています。文政4年(1821)の高岡大火に類焼し多くの施設は焼失、その後、一部再建されましたが明治時代維新の廃城令により廃城となっています。高岡城は残されていた建物も破棄され敷地も払い下げにされる予定でしたが住民による公園指定請願運動により射水神社などが遷座されるなど高岡公園(後の高岡古城公園)として整備されました。高岡城は平成18年(2006)に日本100名城に選定されています。
高岡城
高岡城
[ 付近地図: 富山県高岡市 ]・[ 高岡市:歴史・観光・見所 ]
高岡城 高岡城 高岡城 高岡城 高岡城
高岡城 高岡城 高岡城 高岡城 高岡城
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。