魚津市: 建石勝神社

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)魚津市観光>建石勝神社

建石勝神社
建石勝神社
[ 付近地図: 富山県魚津市 ]・[ 魚津市フィールドワーク ]
建石勝神社 建石勝神社 建石勝神社 建石勝神社
概要・歴史・観光・見所
建石勝神社(魚津市)概要: 建石勝神社の創建は不詳ですが延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内社として記載されている建石勝神社の論社で広く信仰されていました。社号にもあるよう、元々は大きな石が信仰の対象となり、それが具現化された奉斎施設が神社として発展したようです。古くから神仏混合し境内には多くの社殿、堂宇が建立され壮大だったとされますが戦国時代に長尾景虎(後の上杉謙信、関東管領、越後国守護、春日山城の城主)の越中侵攻の兵火により多くの建物、社宝、記録などが焼失します。当初は吉島地区と六郎丸地区の境界地点(現在は大きな榎と立石が残され立石大権現と呼ばれているようです。)にありましたが江戸時代後期の天保年間(1830〜1843年)に現在地に再興遷座されました。明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て明治6年(1873)に郷社に列し明治40年(1907)に神饌幣帛料供進神社に指定されています。現在の社殿は平成4年(1992)に造営されたもので、木造平屋建て、入母屋、妻入り、間口4間、奥行き4間、正面1間向拝付き。本殿は一間社切妻造り、銅板葺き。御祭神は武甕槌命。
富山県(ホーム)戻る

 魚津市観光・旅行見所ナビ:
建石勝神社魚津神社魚津城米騒動天神山城千光寺旧沢崎家住宅白山神社布施神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。