富山市岩瀬: 金刀毘羅社(琴平神社)

  富山県:歴史・観光・見所富山市岩瀬:観光・観光・見所>金刀毘羅社(琴平神社)

概要・歴史・観光・見所
金刀毘羅社(琴平神社)概要: 金刀毘羅社の創建は江戸時代後期の文政3年(1820)、宗徳天皇と素戔嗚尊の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。当初、神通川の川州の網干場に鎮座し金毘羅堂と称していましたが、明治7年(1874)に現在地に遷座し大正3年(1914)に祇園社が合祀されました。境内にある常夜燈は元治2年(1865)に佐渡伝次郎によって建てられたもので、当時は北前船など岩瀬湊に往来する船に対しての燈台の役割を果たしていたとされ高さが約6mと通常の常夜燈よりかなり高く造られ「元治二年 往来安全 天照皇太神宮」の銘が刻まれています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、妻入り、間口3間、正面1間向拝付き。本殿は一間社流造、銅板葺き。

金刀毘羅社:写真

金刀毘羅社(琴平神社)
[ 付近地図: 富山県富山市 ]・[ 富山市岩瀬:歴史・観光・見所 ]
金刀毘羅社(琴平神社) 金刀毘羅社(琴平神社) 金刀毘羅社(琴平神社) 金刀毘羅社(琴平神社)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。