上市町: 神度神社

  富山県:歴史・観光・見所上市町:観光・観光・見所>神度神社

概要・歴史・観光・見所
神度神社(上市町)概要: 神度神社の創建は不詳ですが大宝2年(702)に越中守に就任した佐伯有若が社殿を造営したとされます。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社、新川郡7座の内の1座で記録上では上市町最古の歴史を持っています。神度神社の社号の由来は諸説あって神度の剣が祀られている事や越中と越後の国境に近いところから神が渡るなどの説があります。古くから神仏混合し本地仏として阿弥陀如来像を祀り、祭神である神度神は「森尻の権現」とも呼ばれ、立山の由緒によると佐伯有頼を白山神の化身である白鷹の居る方向(辰巳)へ導いたのが「森尻の権現」としている事からも当社と立山の関係の深さが窺えます。

中世は社運も隆盛し境内には七堂伽藍が軒を連ねる壮大な神社だったそうですが戦国時代に入り上杉謙信の兵火により多くの社殿、社宝、記録などが焼失し衰退しています。江戸時代までは、「立山社」や「立山権現」などと呼ばれ別当寺院として森尻寺が祭祀を司っていましたが明治時代に入り仏式が廃され、明治6年(1873)に郷社に列し現在の社号「神度神社」に復しています。

神度神社拝殿は木造平屋建て、切妻、銅板葺き、平入、桁行4間、外壁は真壁造り下張り。本殿は覆い屋内部の為不詳。御祭神は神度神、豊受気神。

神度神社:写真

神度神社
[ 付近地図: 富山県上市町 ]・[ 上市町:歴史・観光・見所 ]
神度神社 神度神社 神度神社 神度神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。