朝日町: 明光寺

  富山県:歴史・観光・見所朝日町:観光・観光・見所>明光寺

概要・歴史・観光・見所
明光寺(朝日町)概要: 亀甲山明光寺の創建は鎌倉時代の承元元年(1207)この地を訪れた親鸞聖人は九里藤太夫に宿を求めたところ神官だった為断られ、海岸沿いの屏風岩の陰で一夜を明かし「越路なる宮崎浜の岩かげに宿りて弥陀の思こそしれ」の唄を詠んだそうです。その話を聞いた教祐を名乗る人物が親鸞聖人の弟子に入り庵を結び明光寺の始まりとなりました。その後、室町時代の永正年間(1504〜1521年)に現在地に移り寺号を明光寺に改めました。本堂は入母屋、桟瓦葺、平入、桁行6間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。正面の山門は入母屋、瓦葺き、一間一戸、四脚門形式の鐘楼門(上層部の外壁は吹き放しの鐘撞堂)で異彩を放っています。山号:亀甲山。宗派:真宗大谷派。

明光寺:写真

明光寺
[ 付近地図: 富山県朝日町 ]・[ 朝日町:歴史・観光・見所 ]
明光寺 明光寺 明光寺 明光寺

スポンサーサイト

朝日町:周辺・見所
宮崎海岸 宮崎城
北陸宮御墳墓 宮崎長康供養塔
明光寺 宮崎町並み
境町並み 境関所
境一里塚


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。