富山市: 陶芸館

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)富山市観光>陶芸館

陶芸館
陶芸館
[ 付近地図: 富山県 ]・[ 富山市:歴史・観光・見所 ]
陶芸館 陶芸館 陶芸館 陶芸館
概要・歴史・観光・見所
陶芸館(富山市)概要: 陶芸館は明治27年(1894)に豪農の邸宅として建てられたもので、当初は市内の大塚にあり約4500坪の敷地があったとされます。その後、婦中町千里、富山市古沢と移され昭和55年(1980)に現在地に移され陶芸館として整備されました。陶芸館は木造平屋建て、瓦葺き、建築面積323u、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、外観的には切妻、妻入りの大屋根で壮大な破風と細かく配された貫や束で構成されている「あずまだち」と呼ばれる形式を備えています。内部は「ヘヤ(畳8帖)」、「モノオキ(畳8帖)」、「リョウノマ(畳10帖)」、「ブツマ(畳8帖、仏壇付)」、「ナカザシキ(畳8帖)」、「カミザシキ(畳10帖、床の間付)」、「シモザシキ(畳10帖)」、「ヒカエノマ(畳6帖)」、「ヒカエノマ(畳5帖)」、「チャノマ(畳15帖)」、「ヒロマ(畳15帖)」、「ニワ(土間)」などで構成されています。「あずまだち」は特に富山平野の農家建築で見られる形式で陶芸館はその好例で「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしていることから平成9年(1997)に国登録有形文化財に登録されています。現在は民俗民芸村の陶芸館として一般公開されています。
富山県(ホーム)戻る

  富山市観光・旅行見所ナビ:
浮田家住宅民芸館民芸合掌館陶芸館民族資料館金岡邸内山邸
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。