富山市: 常楽寺

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)富山市観光>常楽寺

常楽寺
常楽寺
[ 付近地図: 富山県富山市 ]・[ 富山市:歴史・観光・見所 ]
常楽寺 常楽寺 常楽寺 常楽寺
常楽寺 常楽寺 常楽寺 常楽寺
概要・歴史・観光・見所
常楽寺(富山市)概要: 常楽寺の創建は大宝2年(702)、文武天皇(第42代天皇・在位:697〜707年)の勅願により行基が開いたのが始まりと伝えられています。仁寿2年(852)に常楽寺の寺号を賜ると寺運も隆盛し最盛期には七堂伽藍が建ち並び1千余りの宿坊末寺があったと伝えられています。戦国時代に入ると上杉謙信(関東管領、越後国守護、春日山城の城主)や武田信玄(甲斐国守護)が越中に侵攻し多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失し一時衰退します。江戸時代に入り寛永16年(1639)に富山藩(藩庁:富山城)が立藩すると藩から庇護され寛永年間(1624〜1644年)に再興されます。寺宝である木造十一面観音立像は藤原時代前期に制作されたもので像高184.5p、杉材、一木造り、木造聖観音立像は像高185.8p、栴檀材、一木造り、両像とも大正15年(1926)に国宝に指定され現在は国指定重要文化財に指定されています。新西国観音三十三札所第25番札所。北陸三十三観音霊場第29番札所。山号:法界山。宗派:高野山真言宗。本尊:大日如来。
富山県(ホーム)戻る

 富山市観光・旅行見所ナビ:
大法寺光厳寺海岸寺浄禅寺円隆寺富山寺海禅寺妙国寺本覚寺最勝寺常楽寺来迎寺東薬寺正源寺宝寿院各願寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。