高岡市戸出町: 永安寺

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)高岡市:歴史・観光・見所>永安寺

永安寺
永安寺
[ 付近地図: 富山県高岡市戸出町 ]・[ 高岡市:歴史・観光・見所 ]
永安寺 永安寺 永安寺 永安寺
概要・歴史・観光・見所
永安寺(高岡市)概要: 永安寺の前身である海雲寺は室町時代の明徳4年(1393)に瑞雲恵俊によって礪波郡下中条村に開山された寺院です。江戸時代初期の寛永20年(1643)、3代目川合又右衛門広満が現在地に海雲寺に移し、寺号を「永安寺」に改め、戸出集落の歴代の十村役(他藩では大庄屋と同等)を務めた川合家歴代の菩提寺としました。明治10年(1877)に起こった戸出騒動では地租改正に反対した農民が永安寺境内まで押しかけています。現在境内には加賀三代目藩主利常氏が鷹狩の宿として作った御旅屋(本陣:川合家役宅)の正門(御旅屋門)が移築され昭和42年(1967)に高岡市指定文化財に指定されています。甍塚は江戸時代の俳聖と呼ばれた松尾芭蕉が詠んだ「觀音のいらか見やりつ華の雲」が刻まれた所謂芭蕉句碑で、江戸時代中期の宝暦13年(1763)に戸出町出身の俳人尾崎康工の尽力により建立、当時の戸出町の俳諧の遺構として貴重な存在です。越中一国三十三観音霊場第十一番札所(札所本尊:千手観世音菩薩・御詠歌:もんもなき せきのといでて えいあんじ うむをはなれて たれかむとする)。山号:海雲山。宗派:曹洞宗。本尊:千手観世音菩薩(伝:行基菩薩作)。
富山県(ホーム)戻る

 高岡市観光・旅行見所ナビ:
瑞龍寺前田利長墓所大法寺高岡城関野神社菅野家住宅佐野家住宅筏井家住宅旧室崎家住宅富山銀行蓮華寺式内道神社
井波屋仏檀店高岡大仏御本陣跡金屋町・町並み南部鋳造所有礒正八幡宮京町・町並み五福町神明社清都酒造清水町配水塔
恒性皇子墓速川神社早川神社白山神社大手町神明社吉久町・町並み有藤家住宅能松家住宅二上射水神社物部神社永安寺
荊波神社戸出町・町並み戸出野神社御旅屋門正楽寺高岡市伏木高岡市福岡守山城射水神社総持寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。