上市町: 大岩山日石寺

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)上市町観光>大岩山日石寺
上市町・見所
 ・ 大岩山日石寺
 ・ 立山寺
 ・ 神度神社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
大岩山日石寺(上市町)概要: 大岩山日石寺は奈良時代の神亀2年(725)、高僧として知られた行基菩薩により創建されたのが始まりと伝えられています。古くから立山の山岳信仰の一端として寺運も隆盛し最盛期には21社60坊を抱える大寺院として名を馳せました。戦国時代の天正年間(1573〜1592年)に上杉謙信(春日山城の城主、越後国守護、関東管領)の越中侵攻の兵火に遭い多くの堂宇、寺宝、記録が焼失し衰退しました。江戸時代初期の正保年間(1644〜1648年)に弘寒和尚により再興され、さらに加賀藩2代主前田利常が正室である珠姫(2代将軍徳川秀忠の娘)の子宝祈願を行い見事念願成就したことで歴代前田家の祈願所として堂宇が再建されます。本尊である大岩日石寺磨崖仏(国指定重要文化財)は不動明王像、二童子像(矜羯羅童子像・制咤迦童子像)、阿弥陀如来像、僧形像の5体で構成され、中でも不動明王像(像高313.5センチ)と二童子像(像高214センチ)は行基が自ら彫り込んだと伝わるもので(実際は平安時代末期作)大きさや美しさ、保存状態から全国の中でも指折りの磨崖仏とされます。境内背後にある三重塔(上市町指定有形文化財)は弘化2年(1845)に建てられた富山県最古の三重塔で宝形屋根、桟瓦葺、桁行3間、梁間3間、総高さ約15m、三重塔婆、折衷様式、財政難だった為、外壁が造られず未完のまま現在に至っています。境内正面の山門(上市町指定有形文化財)は元禄年間(1688〜1704年)に建てられたもので、三間一戸、入母屋、桟瓦葺き、八脚楼門形式、上層部には高欄を回し、下層部の両側には仁王像が安置されています。日石寺境内一円は大変貴重な事から名称「大岩日石寺石仏」として昭和5年(1930)に国指定史跡に指定されています。宗派:真言密宗。本尊:不動明王、熊野権現、矜迦羅童子、行基菩薩、制多迦童子。
大岩山日石寺
大岩山日石寺
[ 付近地図: 富山県上市町 ]・[ 上市町:歴史・観光・見所 ]
大岩山日石寺 大岩山日石寺 大岩山日石寺 大岩山日石寺
大岩山日石寺 大岩山日石寺 大岩山日石寺 大岩山日石寺
大岩山日石寺 大岩山日石寺 大岩山日石寺 大岩山日石寺
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。