南砺市井波町: 井波城

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)南砺市:歴史・観光・見所南砺市:井波町>井波城

井波城
井波城
[ 付近地図: 富山県南砺市 ]・[ 南砺市井波町:歴史・観光・見所 ]
井波城 井波城 井波城 井波城
井波城 井波城 井波城 井波城
概要・歴史・観光・見所
井波城(南砺市)概要: 井波城の元となった瑞泉寺は室町時代の明徳元年(1390)に開山されました。瑞泉寺はその後、周辺地域の一向宗の中心的な存在となり勢力が拡大すると度々領主達の戦いに巻き込まれ次第に武装するようになります。文明13年(1484)に瑞泉寺が城塞として大改修され境内の周りに堀や土塁を築かれ戦国時代の永禄年間(1558〜1569年)には一向宗徒を引き連れ上杉謙信(関東管領・越後守護職・春日山城の城主)とも戦っています。天正9年(1581)織田信長の北陸侵攻の際、家臣である佐々成政に攻められて堂宇が焼失し、城下町も兵火により大きな被害を受けた事で、多くの宗徒達は五箇山へ逃れたとされます。この地には成政家臣の前野勝長が配され改めて井波城として築城され阿弥陀堂跡が本丸となり、祖師堂跡が二の丸、太鼓堂跡が三の丸になったと記録されています。天正10年(1582)の本能寺の変で織田信長が死去すると羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に従った前田利家と佐々成政が対立し天正13年(1585)に成政が富山城で敗退した事で前田家の支配下に入り、後に井波城は廃城となりました。現在でも土塁や郭の形状などの遺構がよく残り、本丸は井波八幡宮、二の丸は招魂社が建立されています。井波城の城跡は歴史的にも貴重な事から昭和30年(1955)に南砺市指定史跡に指定されています。
富山県(ホーム)戻る

 南砺市井波町・観光・旅行見所ナビ:
旧北陸銀行井波八幡宮蚕堂臼浪水井波城松島大杉旧井波駅舎高瀬神社高瀬遺跡瑞泉寺黒髪庵
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。