氷見市: 森寺城

  富山県:歴史・観光・見所(ホーム)氷見市観光>森寺城

森寺城
森寺城
[ 付近地図: 富山県氷見市 ]・[ 氷見市:歴史・観光・見所 ]
森寺城・歴史・観光・見所
森寺城概要: 森寺城の築城年の詳細は不詳ですが室町時代中期に能登守護畠山氏によって築かれたのが始まりと推定されています。城の規模は南北約1.2キロ、東西約0.5キロ、標高162mの御殿山に築かれた氷見市最大の山城で能登と越中の国境付近にある事から軍事的にも重要視されていたと思われ土塁や堀切、石垣、竪堀などが巧みに配置されています。戦国時代には上杉氏や織田氏が所有し佐々成政が没落後は前田氏の支配となりましたが前田氏の所領が加賀、能登、越中と広域だった為、戦略的な要素が薄れやがて廃城になったと思われます。森寺城は中世山城の遺構として保存状態も良く氷見市指定史跡に指定されています。
 氷見市観光・旅行見所ナビ:
柳田布尾山古墳田子浦藤波神社上日寺観音菩薩霊水長沢筑前寄進の石仏群馬十の句碑日吉神社蓮乗寺朝日貝塚布勢神社
御影神社光久寺加久弥神社箭代神社阿尾城榊葉乎布神社白峰社森寺城唐島朝日神社夕日神社大栄寺大境洞窟住居跡
道神社虻が島
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「富山県:歴史・観光・見所>氷見市」は「富山県の歴史」、「郷土資料辞典−富山県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。